MENU

工場夜景ガイド

関東の工場夜景ランキング(前日)

1位

千鳥町 貨物ヤード前[ 神奈川県川崎 ]

川崎はもちろん、全国を代表すると言っても過言では無いほど有名な工場夜景スポット。貨物線の線路付近から日本触媒の化学工場を間近に撮影できる。

2位

東扇島東公園[ 神奈川県川崎 ]

川崎マリエンと並ぶ東扇島エリアを代表する工場夜景スポット。乗用車・バス共にアクセスが非常に良く、潮風デッキからは対岸の浮島町の製油所や千鳥町の火力発電所を撮影できる。

3位

浮島町 貨物ヤード前[ 神奈川県川崎 ]

千鳥町に次ぐ迫力ある工場夜景を観賞できる浮島町。製油所を中心とした工場が立地しており、フェンス越しに迫力あるプラントやタンクを見渡せます。

4位

新磯子町[ 神奈川県横浜(京浜工業地帯) ]

横浜の工場夜景スポットの中では最も知られた場所。対岸に根岸エリアのJXエネルギーの製油所が見渡せ、望遠レンズと安定した三脚があれば迫力ある工場夜景が撮影できます。

5位

末広町駅貨物ヤード前[ 神奈川県川崎 ]

浮島町の中でも路線バスでアクセスしやすい工場夜景スポット。フェンス越しにプラチナ色に輝く製油所のプラントを見渡せます。撮影する場所によって被写体の変化が楽しめます。

6位

川崎マリエン[ 神奈川県川崎 ]

東扇島にある川崎マリエンには展望室が設けられており、360度の夜景が楽しめます。工場をメインで撮影するなら西方向がおすすめです。

7位

千鳥町8番地[ 神奈川県川崎 ]

千鳥町の貨物ヤード前から南に5分ほど歩いた場所にあるマニア向けスポット。化学工場を間近に見渡せます。

8位

浮島町 JXTGエネルギー前[ 神奈川県川崎 ]

製油所や化学工場が立地する浮島町。千鳥町と並んで迫力ある工場夜景が撮影できるエリアですが、東燃ゼネラル石油前は知る人ぞ知る穴場スポットと言えます。

9位

千鳥町 三菱化学物流前[ 神奈川県川崎 ]

千鳥運河沿いの道路を北方向に進んだ行き止まりが工場夜景スポット。対岸の夜光方面の化学工場が見渡せます。水面に反射した工場の光が美しさを増しています。

10位

東扇島西公園[ 神奈川県川崎 ]

約4.5万m2もある広大な公園。展望広場からは西方向を中心に扇町の工場が見渡せますが、工場と距離があり、光量も弱いため、夕暮れからトワイライトタイムの撮影に適しています。

11位

扇町[ 神奈川県川崎 ]

JR鶴見線「扇町駅」から徒歩圏にあり、化学工場に囲まれた道路に足を運ぶと独特な雰囲気の中で工場夜景が楽しめる。

12位

千鳥橋手前[ 神奈川県川崎 ]

千鳥橋と「日本触媒前」のバス停の間にある歩道が工場夜景スポット。普通に歩いていると見落としそうな場所ですが、プラントと貨物線の線路を写せます。

13位

磯子・海の見える公園[ 神奈川県横浜(京浜工業地帯) ]

磯子第二ポンプ場の屋上に整備された開放感ある公園。眺めが良く、横浜市民ヨットハーバーを眼下にセメント工場や発電所を見渡せます。

14位

ちどり公園[ 神奈川県川崎 ]

千鳥町の南側にある広大な臨海公園。船の形をした展望台や京浜運河沿いの遊歩道から東扇島方面の工場を見渡せます。

15位

港公園展望塔[ 茨城県神栖市・鹿島市 ]

時期は限定されますが、鹿島臨海工業地帯を360度見渡せる絶好のロケーション。撮影は時間との勝負ですが、工場夜景ファンなら一度は見ておきたいほどの絶景が楽しめます。

16位

扇橋[ 神奈川県川崎 ]

JR鶴見線「昭和駅」から降りてすぐの場所にある定番スポット。歩道から扇町の昭和電工を中心とした工場夜景が見渡せます。工場をメインで写すなら望遠レンズが必須です。

17位

水江運河前[ 神奈川県川崎 ]

水江町の東亜石油を陸上から写せる唯一の撮影スポット。工場とは距離がありますが、望遠レンズを使って迫力あるプラントを撮影できます。バス停が目の前にあり、アクセスがしやすいのもポイント。

18位

千葉ポートタワー[ 千葉県京葉工業地域 ]

千葉市のランドマークとして親しまれている千葉ポートタワー。4Fのビュープロムナードからは360度の眺望が広がり、眼下には京葉工業地域の明かりが見渡せます。

19位

本牧山頂公園 本牧荒井西口[ 神奈川県横浜(京浜工業地帯) ]

本牧の山頂に整備された眺望の良い公園。本牧荒井西口の斜面から根岸エリアのJX日鉱日石エネルギー根岸製油所が見渡せ、望遠レンズが必須です。

20位

オリジナルメーカー海づり公園付近[ 千葉県京葉工業地域 ]

海づり施設の東側にある遊歩道からは遠くに五井火力発電所やJFEスチールの製鉄所が見渡せます。周囲が真っ暗なため、懐中電灯が必須です。