MENU

工場夜景ガイド

中部・東海の工場夜景ランキング(前日)

1位

磯津堤防突堤[ 三重県四日市 ]

鈴鹿川の対岸に見える昭和四日市石油のプラントが絶景。トワイライトタイムの撮影もおすすめ。安定した三脚と望遠レンズを持参しましょう。

2位

ふじのくに田子の浦みなと公園[ 静岡県富士 ]

新浜公園と並んで富士市の代表的な工場夜景スポット。展望広場からは天気が良ければ富士山のシルエットを背景に田子の浦港を撮影できます。公園の雰囲気も良く、初心者にもおすすめ。

3位

石原町[ 三重県四日市 ]

恐らく四日市市内の工場夜景スポットで最も至近距離でプラントを見渡せる場所。初めて訪れた人はあまりの迫力に誰もが驚くことでしょう。

4位

興亜工業前[ 静岡県富士 ]

富士工場夜景MAPでも紹介されており、真新しい製紙工場のプラントを撮影できます。岳南電車の比奈駅から徒歩圏にあります。

5位

春日製紙工業前[ 静岡県富士 ]

岳南電車「原田駅」から徒歩圏にあり、製紙工場を間近で見渡せる穴場スポット。白く輝く煙突やプラントが特徴的です。

6位

中河原[ 静岡県富士 ]

オレンジ色に光り輝く食品化学工場を歩道から見渡せます。全体がオレンジ色に統一された工場は独特の雰囲気を持っています。

7位

蓼原大橋[ 静岡県富士 ]

JR東海道線の線路を挟んで大興製紙を見渡せる道路。蓼原大橋の西側の歩道に繋がっている階段付近が撮影スポット。電車の光跡を一緒に写すのもおすすめ。

8位

霞ヶ浦緑地[ 三重県四日市 ]

四日市港ポートビルから車で5分ほどの場所にある有名スポット。対岸に見渡せる化学工場と水面に反射した光が幻想的で魅了させられます。

9位

新浜公園[ 静岡県富士 ]

公園に隣接する化学工場「ポリプラスチックス」を見渡せる絶好のロケーション。車でのアクセスも良く、角度や高さを変えて工場を撮影できます。工場夜景ファンなら一度は訪れたい公園です。

10位

新滝川橋[ 静岡県富士 ]

新滝川橋の歩道が撮影スポット。日本製紙の吉永工場を中心に工場夜景を楽しめます。日中であれば逆さ富士が水面に映るようです。

11位

四日市港ポートビル[ 三重県四日市 ]

工場夜景を観賞できる展望台としては国内でも屈指のスケール。暗幕貸出サービスなど撮影者にも優しい展望施設となっています。

12位

垂坂公園・羽津山緑地[ 三重県四日市 ]

自然豊かな公園に整備された展望広場からは四日市市内を一望できます。遠くには発電所や化学工場を中心とした工業地帯の夜景も見渡せます。

13位

老松橋[ 三重県四日市 ]

滝川に架かる老松橋は、工場夜景スポットとして有名な大正橋の西側にあり、遠くにコスモ石油のプラントを見渡せます。

14位

大正橋[ 三重県四日市 ]

観光協会が紹介する「よっかいち工場夜景マップ」にも掲載されている定番の工場夜景スポット。歩道や河川敷から製油所やガス工場が見渡せます。

15位

四日市港富双緑地[ 三重県四日市 ]

芝生広場やテラスが整備された開放感ある公園。対岸に霞埠頭や四日市港ポートビルが見渡せます。

16位

昭和四日市石油南側[ 三重県四日市 ]

四日市観光協会のWebサイトやパンフレットでも紹介されている人気スポット。昭和四日市石油のプラントが広範囲に見渡せます。

17位

日本製紙 富士工場前[ 静岡県富士 ]

製紙工場のバイオマスボイラーを間近に見渡せる道路。車の通行が少なくないため、安全面に注意が必要ですが、光跡をアクセントに入れた工場夜景写真も撮影できます。

18位

鈴川港公園[ 静岡県富士 ]

JR東海道線「吉原駅」の南側に完成した津波避難タワー。階段を登ると視界が広がり、メインは吉原駅方面の住宅街の明かりですが、田子の浦港も見渡せます。

19位

磯津橋[ 三重県四日市 ]

塩浜地区の石油コンビナートを見渡せる橋。橋の歩道はもちろん、手前の道路からも工場夜景が楽しめます。パイプラインと石油コンビナートを一緒に写す構図もおすすめです。

20位

日永跨線橋[ 三重県四日市 ]

JR関西本線をまたぐ高架橋の歩道が撮影スポット。眼下に三菱ガス化学の工場が見渡せます。訪れる人はほとんどいない超マニアックなスポットと言えます。