MENU

工場夜景ガイド

工場夜景ランキング(前日)

1位

東扇島東公園[ 神奈川県川崎 ]

川崎マリエンと並ぶ東扇島エリアを代表する工場夜景スポット。乗用車・バス共にアクセスが非常に良く、潮風デッキからは対岸の浮島町の製油所や千鳥町の火力発電所を撮影できる。

2位

千鳥町 貨物ヤード前[ 神奈川県川崎 ]

川崎はもちろん、全国を代表すると言っても過言では無いほど有名な工場夜景スポット。貨物線の線路付近から日本触媒の化学工場を間近に撮影できる。

3位

新磯子町[ 神奈川県横浜(京浜工業地帯) ]

横浜の工場夜景スポットの中では最も知られた場所。対岸に根岸エリアのJXエネルギーの製油所が見渡せ、望遠レンズと安定した三脚があれば迫力ある工場夜景が撮影できます。

4位

千鳥町8番地[ 神奈川県川崎 ]

千鳥町の貨物ヤード前から南に5分ほど歩いた場所にあるマニア向けスポット。化学工場を間近に見渡せます。

5位

鹿島石油 東門前[ 茨城県神栖市・鹿島市 ]

鹿島石油の製油プラントを最も間近に見渡せる道路。プラチナ色に輝く工場夜景の美しさに誰もが感動させられます。

6位

末広町駅貨物ヤード前[ 神奈川県川崎 ]

浮島町の中でも路線バスでアクセスしやすい工場夜景スポット。フェンス越しにプラチナ色に輝く製油所のプラントを見渡せます。撮影する場所によって被写体の変化が楽しめます。

7位

千葉ポートタワー[ 千葉県京葉工業地域 ]

千葉市のランドマークとして親しまれている千葉ポートタワー。4Fのビュープロムナードからは360度の眺望が広がり、眼下には京葉工業地域の明かりが見渡せます。

8位

千鳥橋[ 神奈川県川崎 ]

川崎区の夜光と千鳥町を結ぶ千鳥橋には東西両側に歩道があり、西側の歩道が撮影スポットとして知られています。工場と距離はありますが、千鳥町・水江町方面の化学工場・製油所が見渡せます。

9位

砂山都市緑地[ 茨城県神栖市・鹿島市 ]

津波避難場所として整備された高台の公園。展望広場からは化学工場や発電所を中心とした大パノラマが広がります。鹿島臨海工業地帯の代表的な工場夜景スポットと言えます。

10位

鈴川港公園[ 静岡県富士 ]

JR東海道線「吉原駅」の南側に完成した津波避難タワー。階段を登ると視界が広がり、メインは吉原駅方面の住宅街の明かりですが、田子の浦港も見渡せます。

11位

海芝公園[ 神奈川県横浜(京浜工業地帯) ]

全国でも珍しい、一般利用者が改札から出られないJR「海芝浦駅」。隣接している海芝公園は一般開放されており、正面に鶴見つばさ橋や扇町の発電所などを撮影できます。

12位

千鳥橋手前[ 神奈川県川崎 ]

千鳥橋と「日本触媒前」のバス停の間にある歩道が工場夜景スポット。普通に歩いていると見落としそうな場所ですが、プラントと貨物線の線路を写せます。

13位

県道117号線[ 茨城県神栖市・鹿島市 ]

鹿島石油のプラチナ色に輝く製油プラントを正面から撮影できる歩道。タイミングが良ければ往来する車の光跡を入れられます。

14位

高砂1丁目[ 大阪府堺泉北臨海工業地帯 ]

高石市の工場夜景バスツアーのコースにも組み込まれている定番スポット。大阪国際石油精製のプラントが見渡せます。

15位

根岸加曽台七曲り坂[ 神奈川県横浜(京浜工業地帯) ]

住宅街に繋がる坂道からJXエネルギー根岸製油所、首都高速湾岸線、jR根岸線が見渡せる穴場スポット。電車の光跡と合わせて工場夜景が撮影できます。

16位

千鳥町 三菱化学物流前[ 神奈川県川崎 ]

千鳥運河沿いの道路を北方向に進んだ行き止まりが工場夜景スポット。対岸の夜光方面の化学工場が見渡せます。水面に反射した工場の光が美しさを増しています。

17位

笠上山[ 千葉県京葉工業地域 ]

山頂に続く登山道からは京葉工業地域を見渡せ、袖ヶ浦市・市原市を中心に製油所や火力発電所が撮影できる超穴場スポット。

18位

築港新町[ 大阪府堺泉北臨海工業地帯 ]

歩道からコスモ石油・堺製油所が見渡せます。見える範囲は限られますが、望遠レンズで画面いっぱいにプラントを写せます。

19位

ふじのくに田子の浦みなと公園[ 静岡県富士 ]

新浜公園と並んで富士市の代表的な工場夜景スポット。展望広場からは天気が良ければ富士山のシルエットを背景に田子の浦港を撮影できます。公園の雰囲気も良く、初心者にもおすすめ。

20位

興亜工業前[ 静岡県富士 ]

富士工場夜景MAPでも紹介されており、真新しい製紙工場のプラントを撮影できます。岳南電車の比奈駅から徒歩圏にあります。