MENU

工場夜景ガイド

和歌山県/和歌山市・有田市・海南市の工場夜景(7)

関西では意外と夜景がきれいなエリアとして、夜景ファンの間では有名。 東燃ゼネラルや火力発電所など工場が集積しており、高台などから工場を見下ろせる。

地図サイズ

広くする 標準
工場夜景スポット
総合評価4以上の工場夜景スポット

和歌山県和歌山市・有田市・海南市の解説


地蔵峰寺からの絶景

和歌山=夜景のイメージは持ちにくいようだが、和歌山県内には街を見下ろせる夜景スポットが多く、人口の割にスケールの大きい場所が多い。「鷲ヶ峰コスモスパーク」「最初が峰展望所」なども工場と並んで、人気がある。工場夜景はみかん畑の手前や「地蔵峰寺」と呼ばれるお寺の近くが知られているが、いずれもアクセスが良くないため、明るい時間の下見が欠かせない。

夜景撮影のポイント

アクセスの悪い場所が多いので、昼間にロケハンしておく


地蔵峰寺を明るい時間にロケハン

和歌山の工場夜景スポットは他のエリアと異なり、山の上から工場を眺めるシーンが少なくない。昼間に景色の見えそうな場所を確認しておけば、安心して工場夜景巡りが楽しめる。

高台から見下ろす俯瞰(ふかん)夜景が中心

高台や山の上から工場を見下ろせる場所が多い。工場とはやや距離があるため、望遠レンズで一部を切り抜く構図がメインとなるだろう。

立入禁止場所には要注意


かつては立入が規制されていなかった「みかん畑」

昨今のマナー問題もあり、東燃ゼネラルが見渡せるみかん畑など立入が禁止された場所がある。また、公道と私道の区別が付きにくい場所が多いため、看板などを良く見るよう心がけたい。

夕景・夜景撮影の教科書

夕景・夜景撮影の教科書

かんたんフォトLifeシリーズ

夜景写真を撮ったことがないあなたでも、夜景の美しい写真が撮れる! プロの夜景写真家が、 息を呑むほどきれいな夕景・夜景写真の撮り方を基礎から応用まで徹底的に解説。工場夜景の撮り方もしっかりレクチャー。 全国の撮影スポットやRAW現像もたっぷりご紹介。

お求めはAmazon・全国の書店にて!(2017年11月22日発売予定)

詳細はこちら(Amazon)

アクセス方法

工場夜景スポットのほとんどが丘陵地帯や山間部になるため、車での移動が基本 工場夜景ツアーなどは開催されていないため、自らの足で訪問する必要がある。

乗用車


東燃ゼネラルが見える道路の雰囲気

山間部の移動が多いため、やはり乗用車が欠かせない。車高が低すぎる車は念のために避けた方が良いだろう。

電車

ほぼ全ての撮影スポットが最寄り駅から離れているため、車を持たない人は和歌山県内の駅でレンタカーを借りるのが現実的。

路線バス

工場に近寄るのも困難で、見下ろす工場夜景スポットが多いので、路線バスでの移動は不向き。

観光バス

工場夜景に限らず、夜景自体をメインとした観光ツアーは、運行された実績が無さそうだ。

クルーザー

南紀白浜クルージングは開催されているが、工場夜景クルージングは過去に開催された形跡が見当たらない。

タクシー

工場夜景に特化したタクシープランは無さそうだ。


工場夜景スポット

検索オプション