MENU

工場夜景ガイド

広島県/大竹の工場夜景(10)

大規模な化学コンビナートを有する大竹の工場夜景エリア。自治体も市内の工場夜景スポットを紹介しており、迫力ある工場を間近で眺められる。

地図サイズ

広くする 標準
工場夜景スポット
総合評価4以上の工場夜景スポット

広島県大竹の解説


ダイセルの化学プラントを間近で写した

大竹市は一般の方には聞き慣れない地名だが、大規模な化学コンビナートを有しており、ダイセル・三菱化学などの化学工場が立地する。岩国市の方は製油所もあり、より迫力ある工場夜景が期待できそうだが、残念ながら一般車両はほとんど近づけない。そのため、間近で工場を眺めるなら大竹市の方がおすすめ。高台から工場夜景を撮影するなら亀居公園や小方町小方にある道路のカーブ付近が定評。いずれの場所もアクセスがしやすいため、ロケハンをしなくてもさほど問題無いだろう。

大竹市の工場夜景(工場萌え)

夜景撮影のポイント

工場夜景を間近で楽しめる

大竹コンビナートに入れば、化学工場が間近に見渡せ、タンク群や化学プラントの美しさに圧倒されるはずだ。ただし、コンビナート内は大型車両の通行も見られるので、安全面にはくれぐれも注意しよう。

高台からの撮影は望遠レンズが必須


作例は焦点距離70mmで撮影

亀居公園など高い場所から見下ろせる撮影スポットも何カ所かある。高台からコンビナートまではそれなりに距離があるので、70-300mm前後(35mm版換算)があると是非活用して欲しい。

足元が暗い場所が多いため、懐中電灯必須


晴海臨海公園の様子。全体的に薄暗いため懐中電灯を用意したい。

亀居公園などは一部真っ暗な場所があるため、懐中電灯の持参をおすすめ。晴海臨海公園や小方港周辺も暗い場所が多いため、足元には要注意。

夕景・夜景撮影の教科書

夕景・夜景撮影の教科書

かんたんフォトLifeシリーズ

夜景写真を撮ったことがないあなたでも、夜景の美しい写真が撮れる! プロの夜景写真家が、 息を呑むほどきれいな夕景・夜景写真の撮り方を基礎から応用まで徹底的に解説。工場夜景の撮り方もしっかりレクチャー。 全国の撮影スポットやRAW現像もたっぷりご紹介。

お求めはAmazon・全国の書店にて!(2017年11月22日発売予定)

詳細はこちら(Amazon)

アクセス方法

JR大竹駅まで在来線で移動するか、山陽自動車道の大竹ICを降りてそのまま車で移動する方法が一般的。

乗用車


車に乗って、合間に工場夜景を眺める。

乗用車があれば、1日で大半の工場夜景スポットを訪問できる。

電車

JR大竹駅から数キロ圏内に工場夜景スポットが点在するが、いずれの場所もそれなりに距離が離れているため、レンタカーを活用した方が良いだろう。

路線バス

小方港の周辺などは路線バスが運行しているが、運行時間が早いようなので、撮影時間にも限りが出てくる。工業地帯は乗用車以外は困難。

観光バス

工場夜景に特化した観光バスのツアーは無さそうだ。

クルーザー

2012年3月に工場夜景クルージング開催されていたようだが、その後の開催情報は見当たらない。

工場クルーズ!海から見る大竹の工場夜景

タクシー

工場夜景を巡るプランは用意が無さそうだが、大竹の工場夜景を希望すればタクシーで回ってくれそうだ。

広島の夜景オススメスポットを観光タクシーで眺める!

工場夜景スポット

検索オプション