MENU

工場夜景ガイド

青森県/八戸の工場夜景(4)

北東北最大の工業都市として知られる八戸市。東北全体で比較しても工場夜景のスケール感はナンバーワン。工場の種類が多くて、個性が感じられる。

地図サイズ

広くする 標準
工場夜景スポット
総合評価4以上の工場夜景スポット

青森県八戸の解説


沼館緑地公園から大平洋金属を写す

八戸市は太平洋に面する中核市で、人口は約22万8千人(2017年時点)。古くから工業が栄えており、セメント工場・金属工場・製紙工場など様々な工場が立地している。工場夜景はもちろん、街を見下ろす夜景も美しく、撮影にも観賞にもおすすめできるエリアである。

八戸工場大学

夜景撮影のポイント

工場と離れた撮影スポットが多いため、望遠レンズが必須


館鼻公園から撮影した東北電力 八戸火力発電所

八戸市の工場夜景は発電所・セメント工場・金属工場などバリエーションが豊富だが、間近で工場を眺められる場所は限られる。遠くから撮る前提で70mm~(35mm判換算)の望遠ズームレンズを持参すると使い勝手が良い。

360度の夜景を楽しむなら「グレットタワーみなと」へ


グレットタワーみなとの雰囲気

館鼻公園の中にはグレットタワーみなとと呼ばれる展望台があり、八戸市内を一望できる。トワイライトタイムはここから撮影を始めるのも良さそうだ。

八戸市:館鼻公園

「NSPタワー」のライトアップを狙うなら時期を要確認


河川敷からNSPタワーを撮影

八戸セメントのプラントはクリスマスなど限られた時期にライトアップされる。過去には、八戸出身である伊調馨選手のオリンピック4連覇を祝ってライトアップされたこともあったようだ。

夕景・夜景撮影の教科書

夕景・夜景撮影の教科書

かんたんフォトLifeシリーズ

夜景写真を撮ったことがないあなたでも、夜景の美しい写真が撮れる! プロの夜景写真家が、 息を呑むほどきれいな夕景・夜景写真の撮り方を基礎から応用まで徹底的に解説。工場夜景の撮り方もしっかりレクチャー。 全国の撮影スポットやRAW現像もたっぷりご紹介。

お求めはAmazon・全国の書店にて!(2017年11月22日発売予定)

詳細はこちら(Amazon)

アクセス方法

八戸市内は比較的坂が少なく、道幅も十分にあるので車で訪問しやすい。東京方面から公共交通機関で訪問するなら、東北新幹線または羽田空港から三沢空港行きの飛行機に乗ると良い。

乗用車


八太郎3号ふ頭緑地に車を停めて工場夜景を観賞

工場夜景スポットは最寄り駅から離れている場所が多く、駐車場が整った場所も多いので、車移動が基本。JR八戸駅・本八戸駅周辺にレンタカー店が多いので、新幹線や在来線で訪問した際は利用を検討しても良いだろう。

電車

いずれの工場夜景スポットも最寄り駅から離れているため、電車だけでの訪問はやや困難。

路線バス

ほとんどの工場夜景スポット付近に路線バスの停留所があるが、路線バスで訪問する際は夜間の運行時間に気をつけて欲しい。

観光バス

工場夜景に特化した観光バスは運行していない模様。

クルーザー

定期運行の工場夜景クルージングは無いようだが、過去に遊覧船を利用した工場夜景撮影ツアーが行われていた模様。

八戸経済新聞

タクシー

工場夜景に特化したタクシーは運行していない模様。


工場夜景スポット

検索オプション