群馬/群馬・安中・太田の工場夜景|撮影&ドライブスポット

MENU

工場夜景ガイド

群馬県/群馬・安中・太田の工場夜景(4)

北関東の工場夜景と言えば、茨城県の鹿島臨海工業地帯のイメージが強いですが、群馬県にも数は少ないものの、意外と工場夜景スポットがあります。


群馬県/群馬・安中・太田の解説


西武工業団地緑地付近から見える工場夜景

群馬県は内陸にあることから海に面しておらず、鹿島臨海工業地帯や川崎臨海部のように工業地帯が集中していません。工場夜景スポットがあるのは、安中市と太田市でスポット数は限られますが、他の地域に比べ、特徴的な景観の工場夜景スポットが多い印象です。

夜景撮影のポイント

年間を通じて工場夜景撮影を楽しめる

首都圏に比べて雪が降りやすい傾向はあるが、山間部へ移動する必要は無いため、原則としてオールシーズン工場夜景を楽しめる。

望遠ズームレンズと安定感ある三脚を忘れず

工場と近い距離で撮影できる場所もあるが、望遠ズームレンズは持参した方が良い。望遠側は300mm前後あると安心。もちろん、35mm換算で24-70mmまたは24-105mmクラスの標準ズームレンズも用意しよう。

夕景・夜景撮影の教科書

夕景・夜景撮影の教科書

かんたんフォトLifeシリーズ

夜景写真を撮ったことがないあなたでも、夜景の美しい写真が撮れる! プロの夜景写真家が、 息を呑むほどきれいな夕景・夜景写真の撮り方を基礎から応用まで徹底的に解説。工場夜景の撮り方もしっかりレクチャー。 全国の撮影スポットやRAW現像もたっぷりご紹介。

お求めは全国の書店にて!(2017年11月22日発売)

詳細はこちら

FAQ(アクセス方法)

信越化学や東邦亜鉛を見渡せるポイントは、電車移動で訪問できる場所もあるが、一日に複数の工場夜景スポットを巡るなら、車移動がおすすめ。 工場夜景を巡るツアーなどは特に企画されていないようで、個人での行動が基本となる。

  • Q:乗用車でのアクセスは可能ですか?

    A:車移動であれば、日没の早い時期であれば、安中市と太田市の工場夜景スポットを一晩で回れるはず。

  • Q:電車でのアクセスは可能ですか?


    JR安中駅の様子

    A:東邦亜鉛は駅から降りてすぐに撮影ポイントにたどり着けるが、夜間は電車の本数が極端に少ないため、できるだけ車で訪問したい。

    JR安中駅 時刻表

工場夜景スポット

検索オプション